「Windows Driver Kit Version 7.1.0」のインストール方法
2017年06月03日

https://github.com/forest-soft/webmailwindow

「WebMail Notifier」を制御するためのプログラムをコンパイルするためには「Windows Driver Kit」が必要になる。
新しいバージョンだとVisualStudioに付属しているらしいが、今回は「7.1.0」のインストールを行う。

1. 「Windows Driver Kit Version 7.1.0」をダウンロードする。

https://www.microsoft.com/en-us/download/details.aspx?id=11800
の「Download」をクリックし、「GRMWDK_EN_7600_1.ISO」をダウンロードする。

2. 「GRMWDK_EN_7600_1.ISO」を解凍する。

WinRAR(http://www.winrarjapan.com)などを使用し、ISOファイルを解凍する。

Windows10であれば右クリック → 「プログラムから開く - エクスプローラー」と選択すればDVDドライブとしてマウントされるので、解凍しなくても良い。
※使い終わった後はDVDドライブを右クリック → 「取り出し(J)」を選択肢、アンマウントさせておく。

3. インストーラーを実行する。

解凍すると「KitSetup.exe」というファイルがあるので実行する。


「Full Development Environment」にチェックを入れ、「OK」ボタンをクリックする。



インストールするディレクトリを指定する。
こだわりが無ければそのまま「OK」ボタンをクリックする。



「I Agree」にチェックを入れ、「OK」ボタンをクリックする。



しばらく待つ



インストールが終わったので、「Finish」ボタンをクリックして閉じる。

スタートボタンをクリックし、すべてのプログラムを見ると「Windows Driver Kits」がインストールされていればOK。

書いた人:木本

コメント一覧

コメントはまだありません。

コメントを投稿する

お名前
コメント
Top