2019年08月29日
前回の記事の続きです。
どういう要素を寄せ集めて作ったのか個人的なメモがてら書き残していこうと思います。
デバッグについて
まずはHTAのデバッグ方法です。
単純にHTAファイルを起動してしまうとコンソールのログ等を確認することができません。
ファイル自体は単なるHTML + CSS + Javascriptのファイルなので、IEでデバッグが行えればひとまず何とかなりそうです。

単純にIEでHTAファイルを開こうとすると別ウインドウでHTAが起動してしまいうまく行きません。
そこで拡張子を「.html」にリネームするとIEで開いてデバッグすることができます。
しかしデバッグのたびに拡張子を「.html」に変更するのはなかなか面倒です。
書いた人:木本
2019年08月27日
ゲーム等のサントラCDを聴く際に

ループが短すぎる!しばらく聴いていたい!
さらに適度なタイミングで次の曲を聴きたい!

と思うことが多々あったのでネットでA-B間再生(A-Bリピート再生)できるプレイヤーを探してみたのですが、

そもそもA-B間再生できない。
A-B間再生できるが1曲だけ。
A-B間再生の設定を複数曲に設定してプレイリストを作れるが、1回A-B間を再生したら次の曲に行ってしまう。
書いた人:木本
2018年10月04日
開発環境などでhttps接続をしたい場合はオレオレ証明書(自己署名証明書)を使って構築することがあるが、
ちゃんとした証明書を使いたいことが度々出てくる。
そんな時に「Let's Encrypt」というサイトで無料のSSL証明書を取得することができたので、
このブログサーバー(AWS EC2、AmazonLinux)に導入しつつ記録を残しておく。
公式サイト:https://letsencrypt.org/
1. Certbotをインストールする。
証明書の取得 & 自動更新は「Certbot」というソフトを使って行うので、「Certbot」のインストールを行う。
1-1. Certbotの公式サイトへアクセスする。
公式サイト:https://certbot.eff.org/
1-2. インストール手順を確認する。
書いた人:木本
2018年09月19日
Part2からの続き。
Part1はコチラ。
最後の仕上げでFront Apacheから各PHPバージョン用のApacheへアクセスできるようにリバースプロキシの設定を行う。
以下のような割り当てを行う。



URL
PHPバージョン

書いた人:木本
2018年09月18日
だいぶ放置してしまったが、Part1からの続き。
今回はPHPのインストールを行う。
・PHP5.3
・PHP5.6
・PHP7.1
をソースからコンパイルし、それぞれ用のApacheに読み込ませていく。

1. 各バージョンのPHPのダウンロード先を調べる。
http://php.net/downloads.php
にアクセスし、バージョンごとのダウンロードURLを調べる。
書いた人:木本

全ての記事を見る⇒

Top